So-net無料ブログ作成

スキーテスト 2014?

このページの熱心な読者諸兄(そんなのいるのか?)におかれては、
最近野沢でよく見かけるガイジンが良く履いてる、オールマウンテン&パウダー専用
の ぶっといスキーを ご存じかと思う。
最近は、「ロッカー形状」とかいうて、スキーの前と後ろが真ん中より浮いている、
従来の「キャンバー形状」とは真逆の、トラディショナルなスキーヤーであるおいらから
みると、まるで 何十年も履いて もうデロデロになってしまった板みたいな、
いかにもまっすぐ滑らなさそうな感じなのであるが、一説によると「楽に回せる」とか
言われていて 眉唾だと思っていたのだが、
先日 その手のスキーでは某有名ブランドの「ア○マダ」の試乗会があり、少し試乗して
来たので ご報告させてもらいたい。

① NORWALK(たぶん)
試乗板が来年モデルだったので、モデル名がうろ覚えで間違いかもしれません(汗)
この手の板は、上に「名前」が書いてなくて。。
係のロン毛の兄ちゃんに、「整地でもある程度切れる奴」とリクエストして、
兄ちゃん「これがいいですよ!」って言われた奴をガイジンにひょいと持って行かれ、
しかたなくおいら「次に切れそうな奴はどれですか?」と言って借りた奴。

以下、ホームページ説明より、
>NORWALK昨年登場したTSTをさらにワイドにしたオールマウンテンモデル。
>ディープなパウダーもハードパックされた斜面でも安定した切れ味のある
>ターンを求めたい方へおすすめ。

板はぶっとくて長いけど、この手の板は パウダーで浮くように 非常に軽く作られて
いるようだ。 早速リフトで上がって整地を滑り出すも、
おいら「うっ、うわーっ!! これはっ!」
アイスバーンでもないと言うのに、まるでバケツの底が抜けたかのような滑落感。
エッジの掛かりや切れと言ったものは皆無と言っていいであろう。
だからと言ってまっすぐ進むわけでもないし、軽くて頼りないし、何せ 雪を噛むという
間隔が無い。 恐るべしロッカースキー。 予想通りの挙動である。
慌てて、コース脇の「新雪ゾーン」の飛びこむ。 これ以上整地をすべることが困難であった
からである。 新雪は荒れていたけど、 さすがにこれだけぶっといと グイグイ浮き
あがる感覚があって、ヒョイヒョイ回せて面白いと言えば面白い。
おいら「おっ、おおっ、うひょー」
変な叫びばかりで申し訳ないが、こんな感じでなんである。

しかしながら、年がら年中スキー場に新雪があるわけでもないわけで、しかも 決して
安くない価格な訳で、だからこそ いろんな状況に適応するものが欲しいとは思うが、
「大雪が降った日専用」の板と割り切って買うならいいかも。

130209_122904.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます